care work

~これからの社会に必要不可欠な介護の仕事について~

自立を支援できる喜び

仕事を長く続けるためには、なにより楽しいと感じられるかどうかが大切である。楽しいと思えるような仕事でなければ、長続きしない。そのため、仕事に対して積極的に楽しい部分を見つけることが、働くコツである。

介護の仕事にも、楽しい部分がある。身の回りの世話を必要としている人たちが、ケアによって自立的に行動できるようになるのを見守ることができる点に喜びとやりがいがある。ケアの仕事は、身の回りの世話だけでなく、身体機能の回復を促す取り組みも大切となる。寝たきりだったお年寄りが、リハビリによって次第に動けるようになる様子は、見守っていて感動があるだろう。こうした体験ができるのは、ケアの現場ならではの魅力である。リハビリのためには、根気強い訓練が欠かせない。結果が出るまでには、ずいぶんと時間がかかるものである。しかしだからこそ、ケアが必要だった人たちが自立していく様子を間近で体感できる点に、仕事の充実感が見つけられる。

こうした介護の仕事の楽しい部分を極めるため、リハビリ関連の資格を取得するというのもいいだろう。福祉士などの資格で持っていても、リハビリで関われる内容には限界がある。そこでリハビリの専門的な資格を取得すると、仕事の楽しい部分が増える。高齢であるため、身体機能の衰えを諦めがちなお年寄りが多い。しかしケアスタッフの活躍次第で、彼らのそばで応援ができる。介護の仕事が長く続けられるのも、こういった「人が成長を支えられる楽しみ」が存在する部分が大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です