care work

~これからの社会に必要不可欠な介護の仕事について~

働く側の心身のケアが大切

介護施設などでヘルパーや介護福祉士として働く場合、高齢者の食事や入浴の介助は重要な仕事の一つである。この業務は立っている姿勢が続いたり高齢者を抱きかかえることもあるため、非常に腰や体への負担が大きくなる。毎日その負担が続くことで、介護する側の体調が不安定になることもあるだろう。そのため、こまめに腰の筋肉を和らげる運動やマッサージや整骨院に行くなど、定期的な体のメンテナンスは非常に重要になる。痛みが続く時は、整形外科などを受診し医師のアドバイスを受けることも重要だろう。日頃の負担はあれど、細かいケアをすることで体がきちんとリセットされ、大きく体調を崩すリスクを軽減できると考えられる。

また、ストレスなど精神的な負担も直接体に影響を及ぼすことが多い。できるだけストレスを溜めないよう適度に発散することや、休日には好きなことをしてリフレッシュすることも体調管理の一つと言える。長年勤務する先輩や上司の中には、自分なりに工夫をしながら仕事に取組み見本となる姿を示してくれる人もいるだろう。そんな人にストレスコントロールの方法や自分の体のケアについてアドバイスもらうことも、解決策を得られるのでおすすめである。

高齢者の日常を支える中で感謝の言葉をもらったり、その笑顔に大きなやりがいを感じられる仕事だからこそ、できるだけ長く続けていきたいと考える人も多い。だからこそ、体調的にも精神的にも上手にケアしながら取り組んでいくことが重要だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です